• 介護の経営について考える

    介護事業を運営するに当たり、利用者の利益を一番に考えることはもちろんのこととして、さらに経営についても意識する必要があります。



    社会福祉事業とはいえ、赤字を出し続けていては事業を継続することができなくなるためです。介護事業の収入は介護保険であったり、障害福祉事業であったり、規定された事業を行うことで規定された分の収益があります。
    そのほとんどは利用者の人数で収益は増減します。

    そのため、常に一定数の利用者の確保に努めなくてはなりません。


    一定数の利用者を確保するために、高齢者相談センターであったり障害者相談支援事業所と常に関わりをもっておくと良いでしょう。
    そこから新規の利用者が来ることが見込まれるためです。


    ホームページを作成しておくことも良いでしょう。スタッフについても考えておくことが経営上必要です。事業を行う上で人件費は多くの支出の部分になっていきます。

    どれくらいの正社員を配置してパートはどれくらい雇うのかとしっかり見据えていかないと、経営破綻の元になってしまいます。
    例えば、収益を見込めないのに多くの正社員を配置するといったことをすると真っ先にその事業は破綻します。

    介護の請求ソフトの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

    正社員となると月々の給料のみならず社会保険料も支払わなければならないためです。

    他にも事業を行うと税金がかかってきます。

    年間どれくらいの税金がかかるのか、土地代やテナント代もどれくらいかかるのか。

    よく利用されているエキサイトニュースサイト利用者からとても評判です。

    それらをしっかり見据えておかないと、介護の経営は難しくなります。

  • 納得の真実

    • 超高齢社会に突入している日本では、介護に関する事業や資格はますます需要が高まるばかりです。今後は人口が多い団塊世代が高齢化を迎えていくので、更に介護の需要が高まっていくことがわかります。...

  • これからの介護

    • 高齢化社会が進む日本において、平成12年4月より介護保険法が施行されました。「措置の時代からサービスの時代へ」利用者が選択できるサービスとして高齢者へのサービスが開始されたのです。...

  • 身になる知識

    • 歳を重ねてもいつまでも元気に暮らしたい。そのような願いは誰しもが持っている当たり前の願いです。...

  • 注目情報

    • 介護保険制度は、ケアプランに基づいてサービス提供がなされます。施設にしろ在宅にしろ同じです。...